有線ケーブルを使わずに容量が大きいデータをやり取りできる企業向け無線LANを導入するときには、注意するべきポイントが特にセキュリティの面で幾つか存在することになります。無線通信に対応している端末であれば、簡単にネットワークへアクセスできるようになっているので、セキュリティに全く対策していないようだと問題が起こる可能性があります。チェックする必要があるポイントとして挙げられるのが、無線通信が暗号化されているかどうかということになります。また、暗号化されているのであれば、どんな型式で暗号化をしているかどうかや、どんな暗号化の形式にアクセスポイントが対応しているかどうかもチェックする必要があります。ポイントさえしっかり押さえていれば、安全で便利な通信環境を整えることができます。

暗号化することが情報を盗み取られないためにも不可欠

無料で街の中に提供されているアクセスポイントには、暗号化する機能を初めから無効にしておくことによって、簡単にインターネットに接続することができるようになっているアクセスポイントが存在しています。インターネットを使って、目的地に至るまでの交通手段や道のりをチェックするぐらいのことで使うのであれば問題がないのかもしれませんが、電子メールをやり取りしたり、オンラインのサービスにパスワードを入力してログインするといった操作はおすすめすることができません。なぜならば第三者にやり取りした内容を盗み取られる可能性が否定できないためです。同じく、企業向けの無線LANの環境を導入するときにも、セキュリティについての対策を立てないで無線のネットワーク環境を提供することは避けるようにする必要があります。

いつも一番新しい暗号化方式に対応できるようにする

手元にあるスマートフォンや、タブレット端末などといった通信端末と、アクセスポイントの間で、情報をやり取りするときに、その情報を暗号化することにより漏洩することを防止する技術が提供されています。企業向け無線LANに搭載されているセキュリティ機能は、いつも進化を続けています。新たな暗号化の方式が開発させるたびに、セキュリティの技術的なレベルは上がっていくため、いつも一番新しい方式を利用することが理想となります。実情としては、無線信号を発するアクセスポイントが新たな方式に対応できるようになっていることが必要で、今利用しているアクセスポイントを変えないと、セキュリティレベルが上がらないことがあるため注意する必要があります。それと同時に利用している端末が、新たな暗号方式に対応している必要があります。